秋華賞馬連大口さん

的中馬券、前日買い馬連150万は圧巻。連に行く渋さ。

 

レースはアーモンドアイの横綱相撲の文句なしの差し切り。3冠達成で今日も上り最速でデビュー戦から全て最速の上りタイムを叩きだす。文句のつけようが無いっす。

2着~5着まではディープ様が独占。ローズSの1~3着のディープ独占馬がそのまま好結果を残しプラス別路線組のディープ。

見どころはミッキー@川田さんが普通ならムーンウォークで下がる位のペースでも上りをまとめる。これは逃げたら煩い馬が出て来たよ。有馬長いかな~。体調良ければ出て欲しい。

武さんは出なかったから折合いを重視し差し競馬に徹しての3着死守これは脱帽です。ありがたい。

しかし最終レースのコパノの勝ち方と言い展開ってのは分からん。これは運だな~と改めて思う。

 

東京12Rの神奈川新聞杯(3歳以上1000万下・芝1400m)は1番人気チトニア(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒1(良)。2馬身半差の2着に6番人気ウィンドライジズ、さらに3/4馬身差の3着に7番人気ナイトバナレットが入った。

チトニアは栗東・友道康夫厩舎の4歳牝馬で、父フレンチデピュティ、母クロカミ(母の父Caerleon)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 チトニア(福永祐一騎手)
「力が一枚違いました。この先が楽しみです」

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_16099.html

福永さんもうちょいコメント欲しいです。短縮で1400m使ったから次ですね。マイルになると掛かりそう。11月の奥多摩S1400mでお会いしたい次第。

Be the first to comment

コメントしてみる

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください