天皇賞秋予想

東京11R

天皇賞秋

今の東京芝は圧倒的にキレが必要。先行して粘る穴馬の活躍を見たいが、上り特化馬場なので、いかんともし難い。そうなれば素直な予想が吉と出そう。大箱府中の中距離G1を前で上手く押し切るには抜けた馬の能力か騎手の相当な腕が必要。ルメデム武豊の腕争い。

 

人気有力馬ではキレ順で行くとスワーヴ>マカヒキ=レイデオロだろうか?ここまで能力の高さとスピードがある3頭の着順の並びは枠か展開だが明日はあまり考えなくて良さそうだし、寧ろ人気3頭には有利に働く見立て。というかスワーヴとレイデオロは自在という脚質(騎手がデキる方々なので)。

左回りのゆったりコースの適正の部分でもスワーヴがやや2頭より上回る筈?!気性の悪さもデムーロさんがしっかり手の内に入れている。それでも・・・・どれが勝つか分からない。

◎マカヒキ(武豊)

○スワーヴリチャード

▲レイデオロ

武さん土曜で前日試走済み。移動も必要なしでメイン勝ったのも、何か勢いあって心強い。勝馬は藤澤ー武豊ー社台RH-ディープ。これで明日はノーザン産ー金子オーナーで自分の勝手な平成競馬ストーリー完成?

問題は馬券。BOXは買ってみようかと。1人気2人気3人気のBOXって・・・それでも3連単25倍~56倍。今年はそんな秋天だと思うが、どうなるか。武さん頭なら嬉しい。

Be the first to comment

コメントしてみる

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください