ジャパンカップ予想

アーモンドアイ
前走+14キロで直前追いは坂路。8割の仕上げで外から差し切り。その追切り以降は坂路に入れず。今回は最大目標に向け2週ともコース追い。最終追いの動きは絶好。蹴りが強すぎて前脚に擦れるとか?それでコース控えめだった筈だが、今回は前脚の状態も良いのだろう。どんな展開でも動くルメールは心強い。ルメールは、これに乗る為に大人しく安全運転を実施して来た筈で、当てられても我慢して来たのだから、ここは1着になって喜びを爆発させて欲しい。

サトノダイアモンド
サトノクラウンという相棒を連れての出走。どこまで戻ったかは不明。調教だけみたら全然大丈夫だと思うけど。元々の長所はディープにしては折合いに全く問題が無く先行も出来きて、上り脚を使えるとこ。しかしながら今年の特殊な京都の馬場の恩恵で勝てた可能性も否定はできない。ベクトル真逆の今の府中芝では、更に早い上りが求められる。ココで完全復活するには少々疑問が残る。

シュヴァルグラン
ホントは、キタサンブラックを破った昨年の枠と展開が理想なのよ。外枠でずっと泣いてた馬が昨年やっと内に入ったので昨年本命で悲願の勝利。

騎手は乗り慣れたボウマンの方が良いに決まってる。元々、マーク屋でキタサンの流れで好走して来たとこを見ると、今回どうするのよ?陣営は積極的に行くような指示を出しているみたいだけど、春天では自分で前で受けて差されてるからなぁ~。横綱相撲したのは評価するけど。平凡な瞬発勝負では分が悪い。前に行って突き放して粘る競馬なのでキセキと外国馬と被る。その中では、前で残せるとは思う。とにかく並んでも怯まない勝負根性。差し返す闘志。現役屈指のファイターとして、キセキと外国馬との叩き合いは制して欲しい。調教の過程も昨年と同じで1週前ウッド、直前は坂路のパターンは変えてない。時計は今年の方が2週とも昨年より早めで、1週前は昨年より長めから。特に衰えまでの表現は使わななくても良いかな。ただ、Cデムはどの馬でも前に行くと馬が掛かる事が多いので注意が必要。川田の後ろに付けて折り合えるのが理想。Cデムがなぁ~・・・。

スワーヴリチャード
この気分屋さんだけは本当に分からない。好走するなら産駒の特徴としては人気的にもココだと思う。しかし有力馬にしては、ゲート練習、調教は馬を前に置いてなんて・・・ちょっとコレJCの追切りかよとか思うが。軸にも据えられないけどポテンシャルが高くて本当に、やっかいな博打馬。それが魅力なのだろうが、レースではラチを頼らなきゃ走れない状態が続いている。安田記念も直線フラフラの上1600m戦でも行だがる仕草。出遅れて大外一気を決めるには余程の「ド嵌り」が必要。一番可能性があるのは出遅れ後方からミルコの途中発進で一度先行集団に付ける作戦かな。馬が隣にいた方が走りそうな寂しがり屋さん。

キセキ
2走とも前で張ったのが良かった。調教良くて多分好調。菊花賞までの道のりを見ると使い減りもしないタイプ。オールラウンダーとしての地位は確保した感じ。近2走で府中で好走出来ているのは、今の馬場に馬が合うからだろう。このレース実は秋開催の府中参戦しての好走組がいないので。ちょと特殊馬場での3着→3着は疲労の懸念もあるけど。とにかく府中にマッチしている事は確かで、それは何よりも心強い。川田、明日は2番手で淡々と折り合いに専念と予想。

ウインテンダネス
えっ?えっ?誰よソレ的な存在。逃げに徹する脚質転換して大成功の大出世。アルゼンチン共和国杯でも、逃げが残らない馬場で十分に好走した。明日はハナ想定?とにかく内田が逃げて素質開花した馬。手戻りで残り目もある。

 

展開的には何か各陣営が先行する~というコメントが多いが、結局はハイペースにはならず、時計は早いというパターンになる見立て。それもこれもミルコ@スワーヴ次第だが。アーモンドアイが勝つ事を想定すると、アーモンドアイの過去成績で、どういうタイプが来てるのかを見ると逃げ、先行馬を馬券に残している。3歳戦なので固定メンバーなのは否めないけど。ズブズブの差し合いだけは経験してませんというレースの流れで、5連勝。じゃぁ~誰が先行して残るのよ?という難問にぶち当たる。ウインテンダネス、キセキ、シュヴァルグラン。後ろの組は仮想勝利馬アーモンドアイだけで十分という暴挙に出よう。

 

しかし、これだけ少頭数のJCってあったのか?と思ったらディープインパクトの勝った2006年は11頭立て。ほう~ハーツクライもドリパスもサムソンもフサイチパンドラも出走しているのか。フサイチパンドラ?アーモンドアイのお母さんじゃないか。

◎アーモンドアイ

△キセキ

△シュヴァルグラン

△ウインテンダネス

お知らせ
チップシステムをご検討下さい。 http://www.yggdore.com/ このページをチップで応援
   

1 Trackback / Pingback

  1. 2018年G1はノーザンファームが現在12勝とJC振り返り – 競馬どんづまり研究

コメントしてみる

Your email address will not be published.




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください